1. ホーム
  2. 校正点検
  3. 定期校正点検業務

定期校正点検

高精度を維持するには、定期的な校正作業が欠かせません。

JIS B 7738「コイルばね圧縮・引張試験機」では、12ヶ月毎の校正が明記されています。
また、据え付け替えの際も改めて検証を行うこととされています。

精度の維持だけでなく末永く安全に御使用いただくため、弊社でも12ヶ月毎の校正を推奨しております。

校正についてのご相談・お見積りなど、詳しくは販売店もしくは弊社までご相談ください。

弊社校正点検業務の特徴

  • 据え付け状態で現場にて行います。
  • 分かりやすく明確な料金体系で行います。
  • トレーサビリティーを確保した検査器を使用します。
  • 教育・訓練の行き届いた検査員による校正点検を行います。
  • 検査証シール(試験機へ貼付)と検査成績書を発行いたします。
  • 他社様の試験機の校正点検も内容により対応可能です。

校正点検の検査内容と明記事項

  • 検査実施機関名
  • 検査実施者
  • 検証内容
  • 検査実施日
  • 試験機の設置場所
  • 温度 / 湿度 / 気圧
  • 試験機の製造者
  • 製造年月・製造番号
  • 試験機の最大容量
  • 試験機の形式
  • 有効ストローク
  • ロードセル形式・番号
  • 検証レンジの容量
  • 試験機の分解能
  • 付属装置の有無・名称
  • 測定回数
  • 力指示計の値(零点)
  • 力検査測定
  • ローカルニュートンの値
  • 内挿校正式の有無、係数表示
  • 力計の不確かさ・等級の明示
  • 目視検査
  • 安全装置の検査
  • 精度誤差・繰り返し誤差・往復誤差・零点誤差・
    分解能・付属品の影響の明示
  • 試験機の相対拡張不確かさ・等級の決定と明示
(※機種により内容が異なります)

校正点検後の検査成績書発行内容

  • 検証内容の結果
  • 荷重検査成績書
  • 長さ検査成績書
  • 角度検査成績書
  • 剛性「たわみ」成績書
  • トレーサビリティー関係書類
(※機種により内容が異なります)

詳しくは、
販売店もしくは弊社までご相談下さい。