製品情報 定期校正点検業務 カタログ・ソフト ダウンロード 会社案内 リクルート

ホーム > 製品情報 > 簡易荷重試験機 > 自動サーボスタンド JSV-H1000

フォースゲージ

※画像のHFフォースゲージ(\69,800〜)  





 JSV-H1000 動作ムービー (wmvファイル 10.8MB)
カタログダウンロードはこちらから


特徴


ハンディデジタルフォースゲージ HFシリーズ と組み合わせることで簡易型自動測定機※1として機能するフォースゲージ用テストスタンドです。
 
測定条件の設定方法に 簡単モードと詳細モードの2つを用意しています。


 簡単モード : 試験画面上でスピーディーに設定が行えるモード
           機能は限定されますが、一時的な試験に便利です。                      
                                                                                      

 詳細モード : 設定項目が細かく用意され、緻密な試験条件の設定が行えるモード
           公差判定や繰り返し回数の設定など、本格的な自動試験が行えます。          



オーバーロード防止機能を搭載しています。HFとの通信により過負荷を判断すると自動停止します。

視認性に優れたイエローバックライト付きLCDを採用。また、操作感に優れたキー割り当てで、HF本体に触れる必要がありません。※2
 
 
試験速度や測定範囲などの数値設定はデジタル式で正確かつ簡単に設定できます。
                                   

自動原点機能を搭載。原点出しが容易に行えます。
                                    

公差判定機能を標準装備。※3
                                   

                                   
日本語、英語、中国語、韓国語の4ヵ国語に対応しています。電源電圧も100V〜240Vまで使用可能です。

実用的なコンパクト設計でありながら、1kN(100kgf)までの負荷能力を持っています。

                                   
                                                     ※画像のHFフォースゲージは別売です。


RS232Cポートを標準装備。
 シリアルプリンターを使用して試験データの印字が可能です。
 PCソフトを使用すれば、測定データや波形データを記録していくことが可能になります。

 ※1 本機はHFシリーズでの荷重測定を補佐するためのテストスタンドです。 
     高度な精度が要求される試験、測定には HITシリーズMAXシリーズの使用をお勧めします。
     また、ばね試験にはPROシリーズをお使いください。
 ※2  HF本体の設定および特殊な公差判定を使用するときはHF本体での設定が必要になります。
 ※3  公差判定は詳細モードでのみ機能します。


ソフトウェア   

 PCソフトウェアでより本格的な試験が可能になります!


 PCとの接続で、サーボスタンドは本格的な測定をより簡単にできます。
 Microsoft社製表計算ソフトExcelとの連携を重視。そのままデータ処理に移れます。
 ユーザー様の使用条件に合わせた専用ソフトのオーダーメイドにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



イージーグラフチャートソフト SOP-EG1

簡単な設定で本格的な波形をリアルタイムに見ることができるPC用ソフトウェアです。
測定条件の管理や連続測定によるPEAK荷重推移グラフなどに加え、
ヒント機能など使いやすさに重点を置いた機能を備えています。




詳細情報



  銅線破断試験 (wmvファイル 1.03MB)



テクスチャー試験ソフト SOP-TEX

食品の品質管理及び商品性向上の為に食品の食感(テクスチャー)を定量的に数値化することを目的に
開発したPC用ソフトウェアです。

これまで人間の感覚で判定されていた「食感」を連続した数値の変化で採取し、テクスチャープロファイル
分析法に基づいて「硬さ」「付着性」「凝集性」「もろさ」「弾力性」「そしゃく性」「ガム性」「粘着力」等の数値で
定量的な品質の判定を行うことが可能になります。


  SOP-TEX ゼリー 測定ムービー

  SOP-TEX パイ 測定ムービー

詳細情報
 

 
●外部入出力IOユニット SOP-IO1
  外部入力による外部スタートと、公差判定結果を出力することが可能になる端子ユニットです。
  フットスイッチなどを利用した試験開始や遠隔スタート、公差判定によるシューター機構の開閉制御などに応用が可能になります。

プリンターセット SOP-PR1
  プリンター CT-S280RSJ と接続ケーブルのセットです。測定結果の記録を手軽に行うことができます。

AN用ブラケットセット SOP-AN1
  本体の標準ブラケットと交換することにより、弊社製アナログフォースゲージANシリーズを取り付けることが可能になります。
  (機能が限定されます。)

各種アタッチメント
  弊社では試料固定のためのさまざまなアタッチメントをご用意しています。
  また、特殊な治具類の設計製作も承っておりますので弊社もしくは販売店までご相談ください。
 

仕様
 
負荷容量 1000N 
荷重分解能 取り付けるHFに準じる
   (1/9999) ※1
荷重表示の精度 取り付けるHFに準じる
(F.S.の±0.2%以下)
長さ最小表示単位 0.01mm
(100mm以上は0.1mm単位)
試験速度 1〜600 mm/min
ヘッド制御方式 精密ボールねじとサーボモーターによる
最大測定長さ 250mm
保護停止機能 上下ハードリミットスイッチ
オーバーロード停止システム
上下ソフトリミット設定
STOPキーおよび非常停止スイッチ
インターフェイス RS232C
入力電源電圧 AC100V〜AC240V
最大消費電力 100VA
寸法 W220×D340×H530

治具プレート寸法図

使用温度範囲 0〜+40℃
重量 約18kg
標準付属品 AC電源ケーブル
アース用ケーブル
HF取付用ボルト&レンチ
※1 HFの秤量により異なります。

 改良改善のため、予告なく仕様が変更されることがあります。

Microsoft、Windows、Excelは米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。



日本計測システム株式会社 トップページ
.