1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 自動荷重試験機
  4. PCソフト
  5. AXR
JSLシリーズ jsl-1kn

AXRは標準の材料試験や破壊試験だけでなく、複雑な試験の動作をユーザー自身でカスタマイズ
できる「シーケンスモード」を兼ね備えた、汎用性の高いPCソフトです。
様々な試験機に対応し、すっきりとしたビジュアルを備えて必要な試験をサポートします。
※『AXR-PLUS』に搭載。 設定可能な動作は試験機本体の性能に応じます。

特 徴

1.メインメニュー

 ①条件画面

AXR条件画面

上から順番に設定するだけで、簡単に条件設定ができます。ヒントのポップアップにより入力をサポートします。

 ②条件一覧画面

AXR条件一覧画面

作成した条件は全てこちらにリスト化されます。
条件一覧画面から、ファイル名/日付/試験種類/コメントで条件の絞り込みが可能です。

 ③統計画面

AXRヒストグラム

試験結果の統計が確認できます。
CP、CPK、Xbar管理図、ヒストグラム表示が可能です(複数回の測定で、規格の上下限が設定されている場合)。

2.試験画面

 ①ピックアップ画面

AXRピックアップ画面

充実したピックアップ項目で、さまざまなデータを採ることが可能です。説明文とイメージ図で、内容がより理解し易くなっています。
規格値の上下限は±の任意の値、割合(%)で求めることができます。

 ②統計の表示

AXR統計画面

試験結果の統計が一覧形式で詳細に確認できます。CSV出力により他ソフトとの連携、編集も可能に。

3.シーケンスモード(AXR-PLUSのみ)

シーケンスモードは、試験動作を自由に設定することができるプログラミング機能です。
標準の材料試験や破壊試験以外で複雑な工程を踏んだ試験を行いたい場合に、1つずつ動作を指定することで、変位と荷重の制御を自在に組合わせた試験条件を作成することができます。

AXRシーケンス作成画面
シーケンスモードの条件作成画面
AXRシーケンスイメージ
上記シーケンスによる測定結果

<条件作成の一例>
・155mmから試験を開始します。
・150mmから134mmまで1mmずつ、押し込む量を増やしながら往復の荷重測定と波形描画(行きと戻りで色分け)を繰り返し行います。
・155mmに戻り、終了します。

動作環境

  • 機種RS232Cポート、またはUSBポートを搭載したPC
  • HD容量20MB以上(インストール後の占有率 約10MB)
  • モニター解像度 1366×768以上
  • OSWindows7/8/10の32bit版または64bit版
  • その他推奨Microsoft Excel/FTDI製VCPドライバ/USBシリアルコンバータドライバ(必要に応じて)

※仕様は予告無しに変更する場合があります。


Microsoft、Windows、Excelは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。