1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 自動荷重試験機
  4. 強度試験機 JSLシリーズ

JSLシリーズは、比較的長さ精度を必要としない強度試験用に開発した試験機です。ピークホールド回路を使用して瞬間的な破断荷重を捉えることも設定により可能なため、破壊強度の試験などに適しています。 更にリミット位置を把握しやすいスライド式リミットをはじめ、シンプルな操作系による扱いやすさも兼ね備えています。
※長さ精度が必要な測定にはMAXシリーズまたはHITシリーズをご指定下さい。

瞬間的な破断荷重を捉える

ピークホールド回路を使用して瞬間的な破断荷重を捉えることが可能。長さ精度を必要としない破壊強度試験などに適しています。 100KNまでのラインナップがあり、大きなワークにも対応。

スライド機構式リミット搭載

直感的で素早い調整ができ、確認も容易なスライド式の上下リミットスイッチを搭載。
作業性、安全性を高めます。

圧倒的な低価格

機能を絞り込んだシンプルかつ高効率な機構により、大幅な低価格化を実現しました。

特 徴

ロードセル交換可能

ロードセル交換式で最大5個まで登録可能。幅広い範囲の荷重測定に対応できます。

測定条件メモリ機能

本体内蔵のメモリに10件まで測定条件の保存が可能。更にUSBメモリオプションを付ければ、より多くの条件やデータを保存可能に。

PCソフトと連携

本体背面のUSB-COMポートとPCを接続して、ソフトによるPCベースの計測が可能です。
※PCソフトはオプションとなります。

プリント機能

印字幅58mmの感熱紙プリンターを標準装備。波形曲線や試験データをその場で印刷できます。

高輝度グラフィック液晶画面

白色LEDバックライト付きグラフィック液晶を搭載し、試料の変化を把握しやすい簡易グラフをリアルタイム表示します。

安全カバー標準装備(門型のみ)

安全カバーを標準装備しているので、破壊試験なども安全に行えます。

4ヶ国語ワンパッケージ

日本語・英語・韓国語・中国語(Simple/Traditional)の4ヶ国語が標準装備され、いつでも切り替えて使用できます。異なった国同士で測定環境を統一することができ、ものづくりのグローバル化を支援します。

仕 様

仕様

適応ロードセル

取付可能ロードセル