製品情報 定期校正点検業務 カタログ・ソフト ダウンロード 会社案内 リクルート

ホーム → 製品情報 → ウレタンフォーム試験機



特徴

シートパッドなどのウレタン成型品の硬さ特性を、試料テーブルに設けられた 3点のロードセルで高精度に検出する試験機です。

JIS K 6400-2 「硬さ試験A〜D法」・「圧縮たわみ試験A〜B法」 や 「微少変位ばね定数試験」、「応力緩和試験」を実施することが可能です。
また、JASO B 408およびこれらに準ずる硬さ試験、JASO B 407 および これらに準ずる荷重試験などの試験方法にも対応しています。

プログラムロード方式を採用し、試験機を導入した後もカスタマイズやバージョンアップなどを簡単に行うことができます。

試験条件、試験データの記録、保存が可能です。また、内蔵のメモリには約100件の試験条件が記憶可能です。

測定中グラフがリアルタイムで表示され、より感覚的にウレタン成型品の特性を捉えることができます。
またグラフと測定データの印刷、測定データの統計処理結果の印刷ができます。

680×480ドットの高密度LCD画面、感熱プリンター(有効印字幅108mm)を採用しています。

標準添付のシートパッド硬さ測定ソフトは、自動車メーカー各社の試験規格から、
25%、50%硬さ試験、および定荷重負荷時のタワミ量試験に対応しています。
試験内容に応じた専用ソフトの開発も行っておりますので、販売店もしくは弊社までお気軽にご相談ください。





  UFT ウレタンフォーム試験機の紹介 1:06(20M)


仕様

型  名 UFT-2KN UFT-5KN
負荷容量 2kN 5kN
レンジ切替え 4レンジ自動切換
(手動切換も可)
測定レンジ 2kN / 1kN / 500N / 200N 5kN / 2kN / 1kN / 500N
荷重分解能 0.1N / 0.1N / 0.1N / 0.01N 1N / 0.1N / 0.1N / 0.1N
荷重精度 指示値の0.5%以内
最大測定長さ 550mm
長さ最小読み 0.1mm
(0.01mmも設定可)
長さ精度 ±(50+0.1L)ミクロン以内
加圧版移動速度 1〜1000 mm/min
加圧版荷重制御 精密ボールネジとACサーボモータによる制御
入 出 力 RS232Cインターフェース
I/Oポート  IN 8点  OUT 8点
デジマチック入力
セントロニクスインターフェース
アナログ出力
バーコード入力
停止保護機能 上下リミットスイッチによる停止
レンジオーバーによる停止
STOPキーおよび非常停止ボタンによる停止
試験ソフト設定値による停止
内蔵プリンター 感熱式ドットプリンター
有効印字幅108mm
電源電圧 AC100V〜120V
最大消費電力 300VA
寸  法 W 1115×D 750×H 2220
重  量 約350 kg

デジマチックは潟~ツトヨの登録商標です。
カタログダウンロードはこちらから